【無料レポート】Googleスプレッドシートを農業で活用する【準備編】

【2017/9/26追記】一部手順が古くなっていましたので、最新の手順に修正しています。

【無料レポート】Googleスプレッドシートを農業で活用する【準備編】(本文)をプレゼントします。

以下の申込フォームよりメールアドレスを入力して送信して頂きますと、メールにてダウンロード用URLをお送り致します。メールに書かれたURLより【無料レポート】をダウンロードください。申込み頂いて1時間以内にメールが届かない場合には、迷惑フォルダ等をご確認ください。合せて、「contact@farmers-fun.com」からのメールが迷惑フォルダに入らないように設定をお願い致します。

※迷惑メールの対策に関しては以下のサイトに説明がありますので、こちらを参考にしてください。

迷惑メール対策の説明

無料レポート申込み

以下のフォームにメールアドレスを入力の上、送信してください。
無料レポートダウンロード用のURLをお送りします。また、合せて「農業でのIT活用する為のメール講座(全7回)」をお送りしますので、こちらも合せて参考にしてください。

メールアドレス





メール講座の登録解除

無料レポートについてくるメール講座を途中で解除される場合には、以下のフォームにてメール講座を購読しているメールアドレスを入力して送信ください。

メールアドレス




農業でITを活用するにはどうしたらいいのか?

最近、農業分野でのIT活用のニュースや事例を良く聞きます。業務改善につながるなら自分の農園でも導入しようか…、と考えられる方もいらっしゃると思います。ただ、闇雲に導入をしてもうまくいきません。ではどうすればいいのでしょうか?
必要なことが3つあります。

  • IT・システムを活用する為の環境が揃っていること
  • システムを導入する目的が明確になっていること
  • システムに関する知識を(ある程度)持っている

この3つ目の「システムに関する知識を(ある程度)持っている」の「ある程度」とはどれくらいなのでしょうか?導入するシステムの機能を知っていればいいのでしょうか?我々をこの「ある程度」を

農家さんがちょっとした簡易ツール(プチツールと呼んでます)を自力で作れるくらい

と定義しています。市販のシステムを導入しても、それで自分がやりたいことが全てできるわけではありません。いわゆる「かゆいところに手が届かない」ことが必ずでてきます。そこをプチツールを作ってカバーできるかどうかでシステム導入の効果は大きく変わります。当然、それをシステム開発会社に外注することもできます。ただし、その場合お金や時間が更にかかってしまいます。お金は問題ない金額だったとしても時間のロスは大きいです。また、この「かゆいところ」は、頻繁に登場することが多いです。その都度、外注するのは厳しくなります。

プチツールを作れるとどうなるのか?

「ちょっと去年の売上を品種別に分析してみたいな」とか思うことがあると思います。その際に、自分で簡単なツールを作って算出できると、正しい経営判断・スピーディーな経営判断につながります。これを繰り返して行くことで、農業経営の改善につながって行くのです。

無料レポート申込み

以下のフォームにメールアドレスを入力の上、送信してください。
無料レポートダウンロード用のURLをお送りします。また、合せて「農業でのIT活用する為のメール講座(全7回)」をお送りしますので、こちらも合せて参考にしてください。

メールアドレス





メール講座の登録解除

無料レポートについてくるメール講座を途中で解除される場合には、以下のフォームにてメール講座を購読しているメールアドレスを入力して送信ください。

メールアドレス




Copyright(c) 2014 Natural Fun Factory All Rights Reserved.