出荷が多い農家さん

出荷先が多かったり、出荷する品種が多かったり、出荷頻度が多かったりすると、1年振り返った時にいったいどのお客さんでどれだけ利益がでたんだろう、どの品種が利益が合ったんだろう、時期によって価格の変動はどうなっているんだろう?というのを振り返るのが大変だと思います。感覚でわかるだけでは、次の作戦を練るには不十分です。このように色々なパターンがある場合には、きちんと数値を記録して、いろいろな確度から分析にしてみると、いままで見えなかったことが見えてきます。いわゆる「見える化」とよばれるものです。

まずは、出荷内容をシステムに記録してみましょう。Goodleドライブを使って自分で簡単なツールを作る方法を紹介していますので、是非試してみてください。

出荷管理をスマホで記録できるシステムの作り方

Copyright(c) 2014 Natural Fun Factory All Rights Reserved.